海釣りブログ 和歌山にてエギング 有田編


%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-15-22-12-14

平成のエギング王 大嶋です。

実際はまだまだ王子様にもなれていません。

今回は和歌山にてアオリイカを釣り上げてきました。

朝マズメ狙いで行く予定が寝坊で昼前に到着。

久しぶりのエギングでワクワクして寝られませんでした。

さっそく1ポイント目の千田漁港でエギング開始。

さすがにここまで南に下ると人もまばらです。

千田漁港はgoogle mapで調べると表示されます。

駐車場への道が少し分かりづらいですが、坂を下って、2手に分かれる道(右側が細い道、左が本線)を右に入っていくと漁港に着きます。

漁港の左奥に車を停められます。

気を付けて欲しいのは、大阪方面から来る場合、かなり手前のファミリーマートが最後のコンビニです。

周りに釣具店もほぼありません。

事前に揃えるのが無難です。

私は和歌山インターのフィッシングマックスで買い物をしてから行きました。

漁港は内向きはサビキ釣りやカサゴなどが釣れるようです。

隣の人がヒラメを釣ってましたよ。

外向きはハードなテトラ地帯。

このテトラ地帯ですが、他の方も書かれているようにかなりハードです。

夜は絶対に避けたいポイントです。

落ちたら死にます。

昼間も絶対にライフジャケット、滑らない靴で行きましょう。

さて釣り場紹介はこのくらいにして。

昼間は少し暑いくらいのこの季節ですが、アオリイカは高活性でした。

到着後、早速エギを投げてしゃくる。

足元まで引いていると…

追ってきてます。アオリイカ。

ジーッとエギを見つめるイカとの闘い。

これがエギングの醍醐味でもあります。

そして、フォールさせると…

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-15-11-30-54

抱かれました。

抱かれたい男ナンバー1の大嶋です。

この日はオレンジエギの反応が良かったようです。

友人はサビキでアジを狙うも回遊無し。

ちなみに号数は2.5号です。

軽くて着底が分かりにくい、遅い。でも我慢です。

エギングは足で釣ると思っています。

すぐにポイント移動。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-15-22-12-14

千田漁港から海沿いを南に下がると降りられる磯があります。

ここでもしっかりアオリイカのチェイスはあるけどのらず。

カラーチェンジもめんどくさかったので移動。

磯は数も多くて良いですね。

磯を回って16時ごろ千田漁港へ戻って再開。

チェイスあるものの乗らず。

さすがにラストはカラーチェンジしました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-15-16-12-39

即乗り。

やっぱりめんどくさがらずにカラーチェンジは大切です。

パタパタ付の紫カラーで即乗りでした。

号数は安定の2.5号です。

十分に楽しませてもらい、納竿。

ちなみに友人はアジの飲ませ釣りで、どでかいエソを釣ってました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-15-21-01-56
帰宅後はアジの叩きとアオリイカの刺身、ゲソの醤油バター焼きで一杯頂きました。

エギングは最高です。

シーンズンを目一杯楽しみたいと思います。

エギングの楽しみはランガンして色んなポイントを探す。

そして足元でチェイスを確認してイカと戦う。

その為にも絶対に偏光グラスは掛けて下さい。

バス釣りも重要ですが、エギングは有る無しで釣果に完全に差がでます。

安くておススメです。

1500円でこのクオリティはすごいです(笑)

私の偏光グラスももちろんこれです。

アオリイカのチェイスもバッチリ確認できます。

私とお揃いの蛍光グリーンでランガンしましょう。

良い釣果を願ってます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です