初心者へ送る釣り入門書 女性、お子様向け竿編


前回は男性向けの初心者が買うべき1本目の竿を紹介しました。

今回は題名通り、女性、お子様向けです。

まず結論から言うと、最初の一本はエギングロッドが絶対におススメです。

それでは理由を書いていきましょう。

理由① 軽い
まず圧倒的な軽さです。

エギングロッドはその名の通り、エギングに適したロッドです。

これだけ聞くと、中級者向けの気がします。

イカ釣りなんて難しそう。

確かにそう思いますし、いきなりエギングからチャレンジする人も少ないのではないでしょうか。

でも私がこれをお勧めする訳は、そのスタイルからです。

エギングは比較的軽いルアー(エギ)を、歩き回りながら投げる釣りです。

そんなスタイルに重い重厚な竿はいりませんね。

これなら女性やお子様でもしっかり扱えます。

理由② 長さ
大体2.4メートルあたりがエギングロッドの標準ですが、これさえあれば淡水でのバス釣りにも支障は出ませんし、陸からの大体の釣りはカバーできます。

これが大きなスペック的な理由ですが、私が言いたいことは他の面でもあります。

《他の理由》

大半の女性やお子様は釣りにおいて遠投が苦手な方が多い傾向にあります。

対して男性は私も含め、すぐに遠くに大きなものを投げたがります。(笑)

確かに確率論としては、遠くに投げれば投げるほど釣れる確率は上がります。

ただ、実際に釣りをされると分かるのですが、意外と足元で釣れることも多いです。

先日も友人が真隣の足元でハマチを釣り上げていました。

つまり絶対に遠投しなければならないのかと言われると答えはNoです。

そこで、私が提案するのは

自分はシーバスロッドで、遠投を行う。

奥様、彼女、お子様は足元の魚を狙う。

これが最も効果的です。

苦手にも関わらず、遠投しようとするとライントラブルも多発します。

結局ラインが絡まって、ほどくだけで釣りが終わることも。

それを回避するには相手にエギングロッドを持たせればいいわけです。

もう一つ理由があります。

それは、男性も使う時がくるからです(笑)

おそらく釣りの初期は、サビキ釣りを行い、その後、キス釣り、根魚狙いのチョイ投げ等を行います。

その後、太刀魚を狙い、シーバス等にチャレンジしていくことになります。

その中の一つ、中級者向けの釣り代表としてエギングがあります。

色々な磯や漁港、テトラ帯をランガン(歩き回って釣りをする、ラン&ガンの略)をするエギングはまさに脱初心者の釣りとして最適です。

しかし、ランガンが必要なエギングには体力も必要ですので、小さなお子様や女性には厳しい釣りであることは事実です。

というわけで、自分がエギングにチャレンジするときには、いつも大切な人に貸していたエギングロッドを使ってイカを釣り上げることができます。

こういった理由から、私がここでオススメするのはエギングロッドです。

ちなみに私が今でも使っているエギングロッドは初心者の頃に買ったロッドです。

かなり使いやすいですし、シーバスロッドではバレやすく、しゃくりにくい釣りですが、エギングロッドではばっちり釣果もでます。

私が使っているのはこちら
ダイワ リバティクラブ  エギング 862MH

値段も安いんです。

この値段でダイワ製品、質も問題ありません。

初めの一本としては絶対に間違いないロッドです。

そして私が今でも使ってイカを釣り上げています。

これとシーバスロッドさえあればお子様や奥様、彼女さんとも楽しい釣行になります。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

次回はいよいよリール編です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です