初心者へ送る釣り入門書 フィールドについて


lgf01a201311121900

前回の記事では、①近くにある②水のあるところに 行こうということでした。

①近くにある必要
まず最初は釣れないことが多いです。
がっかりします。
その気分で遠方からの帰宅はかなり辛いものがあります。
糸が絡んで釣りにならないこともあります。
竿が折れる可能性もあります。
仕掛けが全部なくなる事もあります。

色んな事を考えると家から近いに越したことはありません。

②水のあるところに
水が無いと魚は生きられません。
そんな当たり前の事書くなと言われるかもしれませんが、水のある所を探すだけでも結構苦労します。
今までそんな目で地図を見たことがないので、いざどこかあるかとなると見つかりません。
そう言えばこの辺りに池が有った気が…と向かってみると水が抜かれていることもあります。

つまり場所はかなり重要なポイントなのです。

今回は釣りにおける場所『フィールド』について、大きく分類して書いていきます。

ここでは大きく分類するので、代表的で分かりやすい事のみを書かせてもらいます。

・海
まさに釣りです。老若男女問わず、釣り未経験者であれば、釣りと聞けば海と答えるのではないでしょうか。

海は魚の宝庫です。

どんな場所でも大体は何かしら釣れます。

これは海の大きな魅力ですね。魚種も豊富で、個体数も多い。

釣りを出来る場所も当然多いです。

食べられる魚も多く、最大の魅力は老若男女問わずに釣りが出来るという点です。

整備されている釣り場も多く、釣り入門にはもってこいです。

釣れる魚も親しみのある魚が多く、一度はお寿司屋さんや鮮魚コーナーで聞いた事のある名前の魚が釣れます。

代表としては、アジ、イワシ、タコ、キス、イカ、スズキ、ブリ、マグロ等ですね。

但し、シーズンや場所で釣れる魚は大きく変わってきます。

それがまた海釣りの楽しさでもあります。

・池(運河を含む)
次は池です。

池といっても様々です。たまたま出来た池や、農業に使用する為の溜め池、ダムも大きく分類すると池に分類されます。

池にも多くの生物がいますが、釣りのターゲットとして代表的なものはフナとブラックバスです。

もちろんナマズや鯉等もいますが、ここでは一番メジャーな魚種を紹介します。

池での釣りの魅力は何といっても手軽さです。

池は簡単に言うと水たまりなので、水さえあればどこでも有ります。

都会のど真ん中でも池があればブラックバスが居る事もあります。

自転車で竿だけ持ってちょっと釣りに。なんてことも出来ます。

反面、元からそこに対象魚が居なければ基本的に居ません。

いくら高性能の道具を使って熟練の釣り師がそこで釣りをしても、魚が居なければ何も起こりません。

つまりまずは魚のいるフィールドを探す事から釣りが始まります。

これも一つの魅力と言っても過言ではありません。

・渓流
最後に渓流です。

山の中に流れる澄んだ川。ここを泳ぐ魚は臭みもなく、非常に美味です。

自然を感じられる雰囲気も最高です。

渓流釣りに関しては初心者の最初の釣りとしてはおススメしにくいというのが個人的な意見です。

イワナやヤマメ等の魚は放流期間が決まっており、漁業権を購入して釣りを行う必要があります。

道具も知識が必要なものが多く、少しハードルが高めです。

私も釣り人生の後半の楽しみとして渓流釣りはあえて残しています。

ただ、絶対におススメしないというわけではありません。

キャンプ場や管理釣り場で簡単に釣れる場所があります。

比較的都会からも近い山の中に有り、お子様向けの施設が多いです。

私も幼い頃は父に管理釣り場に連れて行ってもらいました。

逆に管理釣り場なので、かなり釣果(ちょうか)も良く、シンプルに楽しいと思える釣りができます。

また、管理釣り場ではレンタルもあるので、気軽に挑戦出来ます。

他の釣りと違い、お子様向けの管理釣り場での釣り具はシンプルな物が多く、リールと呼ばれる糸を巻く道具すらないことが多いです。

シンプルなので、トラブルも少なくお子様にとっては非常に良いと思います。

これらが基本的なフィールドです。

これを念頭に次は道具編を書いていきます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です